対人恐怖症に森田療法は必要か? | 対人恐怖症を治したい!打ち勝つ方法対人恐怖(視線恐怖や咳払い恐怖など)症に治療や克服のために
森田療法は必要なのでしょうか?

対人恐怖(視線恐怖や咳払い恐怖など)症になったと自覚すると
治療や克服をしたいがために自分で勉強・研究します。

その方法としてネットで調べる・本を探すという行動をします。

対人恐怖(視線恐怖や咳払い恐怖など)症にかかってしまった
人のタイプとして真面目な人が多いです。
そこが原因・要因の1つとも言われます。
一生懸命、ネットで調べる・本を探すことをします。

私自身、関連著書を買いあさり、読みあさりました。
その中の一つ、森田先生の著書で森田療法という文献が
結構、あります。

私もこれ関連の著書に出会った時に、救世主が現れたか!
と嬉しさに急速に読み上げ、実践をしました。

代表する表現の1つとして”あるがまま”という言葉が
頻繁に出てきます。

あるがままに受け入れ、あるがままに行動せよ
ということです。

要するに対人恐怖(視線恐怖や咳払い恐怖など)症に
煩わさている日常のストレス1つ1つを気にするな!
そのまま受け入れろ!ということです。

当時はそれをなるほど!と思い早速、実践しました。
ほんとに短期間は納得し効果はあったかもしれません。

結論から言いますと、
森田療法を実践しても
対人恐怖(視線恐怖や咳払い恐怖など)症は治りません。
あるがままに受け入れて、気にするな!といっても
気になります。

気になるからこそ、苦しんでいるのです。

精神科医がよく使う、気休め・和らげる
処方です。

森田療法の知識を詰め込むために
著書を読んでもよいでしょうが、
治療や克服のためには読む必要がありませんので
購入する必要もありません。


対人恐怖症から人生大逆転する方法
無料講座→ こちら好評配信中!