咳払いをわざとする人の心理 | 対人恐怖症を治したい!打ち勝つ方法 

咳払いをわざとする人がいます。

咳を自然と出る状況でもないのに
わざと咳払いをします。

 

わざと咳払いをする人の心理を挙げます。
?対象の相手を威嚇したい。
?対象の相手に自分の存在を知らしめたい。
?対象の相手に対して気に入らないのではき出す。
?対象の相手に攻撃したい。

 

無言の抵抗では気に入らないようなので
あえて咳払いをして対象の相手に発します。

 

咳払いを発する人間はうさばらしもあって、
何も罪悪感もなければ、悪気もありません。

 

対象の相手が咳払い恐怖症であった場合、
たまったものではありません。

 

咳払い

 

咳払い恐怖症でない人でも敏感な人であれば、
気分は悪いはずです。

 

同じようにやられた側に立てば、気持ちは分かる
はずなのですが、こういった無神経に
故意に咳払いをする人はあまり相手のことを考えない
ラフな人が多いです。

 

咳払い恐怖症にとっては非常に嫌な人間となります。


対人恐怖症から人生大逆転する方法
無料講座→ こちら好評配信中!