咳払い恐怖症とは対人恐怖症の一部ですが | 対人恐怖症を治したい!打ち勝つ方法咳払い恐怖症とは対人恐怖症の一部ですが、
その中でも特殊の部類に入ります。

たしかに対人恐怖症の中に分類されますが、
音に対しての恐怖症になります。

しかし、その音は人間が発生させているものなので
対人恐怖症の一部となります。

自分の聞こえる範囲で咳払いされると不快感を感じます。
自分の位置から遠かろうが、近かろうが不快感になります。

近ければ、近いほど強いストレスになります。
故意であったものなのか、故意でなかったものなのかは
本人が見極め、決めることなので
故意であるものと受け取った場合はストレスと不快感が増大します。

これを瞬時に判別します。

たしかに故意ではない場合もあります。
気管が弱い人・風邪気味な人は咳払いを発します。

それでも残念ながら咳払い恐怖症の人はそれを不快感に感じ、
極度のストレスを感じます。

私の場合、咳払いを聞くと胸の奥がビクッと
します。ハラハラドキドキもします。

咳払いをした人に対して不快感を感じ、
敵意を感じます。

故意にした、とこちらが判別した時には
自分に対して攻撃的なのか?と思いますし、
こちらも敵意・攻撃的な気持ちが発生します。

残念ですが、故意にされた時には
敵意を感じますので、その人に対して好きになれませんし、
好意的になれません。

ましてや、コミュニケーションが日ごろ取れている場合は
さほど険悪になりませんが、そうでない人や知らない人となると
険悪なムードになります。

そこで自分を保守的にガードすることとなり、
ストレスや険悪感を感じ、ストレスとして残ります。

同じ空間を近くで過ごさなければならない状況が続くと
ストレスや疲労を感じることとなります。

学生の場合、勉強に支障をきたします。
社会人の場合、仕事に支障をきたします。

生活において支障をきたします。
身内である親族の場合もやられると
不快感を感じ、一時的に敵意を感じます。


対人恐怖症から人生大逆転する方法
無料講座→ こちら好評配信中!