咳払い恐怖症は頭から離れない | 対人恐怖症を治したい!打ち勝つ方法咳払い恐怖症は常に頭の中に存在しています。

 

どこかで咳払いが聞こえると敏感に反応します。
発信元が近ければ、近いほどストレスは増大します。

 

例えば、真横や真後ろで咳払いをされると
自分に対して攻撃する咳払いなのか?
たまたま偶然に咳払いが発せられたのか?
瞬時に頭の中を駆け巡らせられます。

 

自分に対して発せられたと判断すれば、
かなりのストレスを感じます。

 

sekibarai

 

 

偶然だとしても、都合のよい解釈はできません。

 

自分との距離が遠くで発せられた場合や
自分との間に第3者が存在すれば、
自分に対してではなかったと都合のよい解釈が出来ます。

 

常に毎日、気分を損ねる咳払いとの格闘です。
そんな毎日のストレスから解放されるには
私が推奨する実践のみだと思います。


対人恐怖症から人生大逆転する方法
無料講座→ こちら好評配信中!