咳払いチック症と咳払い恐怖症の悪循環な空間 | 対人恐怖症を治したい!打ち勝つ方法咳払いチック症と咳払い恐怖症の険悪で悪循環な空間があるということ、
色んな場所で巻き起こっています。

多くの人が気が付いていないことでしょう。
そして、ほとんどの人が気が付いていないことは間違いないです。

これから、そのよく巻き起こっている典型的な例を挙げます。

まずAさん。
Aさんは何らかのストレスを抱え、無意識に咳払いを発してしまいます。

Aさんは咳払いチック症です。本人は知らずの場合が多いです。
なぜなら、咳払いを発していることは自然で
そのこと自体はストレスになっていないからです。

しかし、何らかのストレスを抱え、咳払いを発してしまっています。

咳払い恐怖症のBさんが居るとします。
BさんはAさんが連続で常に発せられる咳払いに強いストレスを感じ、
押しつぶされそうです。

AさんとBさんは同じ空間に居ます。

Aさんはその空間に居ることによってストレスを感じません。
しかし、その空間に居ることによって無意識に咳払いが
出てしまうのかもしれません。

Bさんはその空間に居ることによってストレスを感じます。

どうでしょう?心当たりはないでしょうか?
咳払いチック症と咳払い恐怖症と無関係の人は
全く気が付かないでしょう。

冷静に考えれば、異様な空間です。

この現象は職場、特に事務所内の屋内で起きます。
学校や地域社会の色々な場所で数人の人が居れば、
必ずどこかで現象が起きています。

その中で耐えられますでしょうか?


対人恐怖症から人生大逆転する方法
無料講座→ こちら好評配信中!